本文へスキップ

不動産ホームページ作成・制作はリアルウェブネット

電話でのお問い合わせは042-788-2301

〒194-0001 東京都町田市つくし野4-29-29

ホームページの活用で必ず成功する不動産仲介業

不動産ホームページの重要性レインズの一般公開と不動産統合サイトレインズはビッグデータ知らない間にレインズは公開されていた!ユーザーの大半は不動産ポータルサイトで検索!不動産は信頼出来るバイヤーズエージェント(不動産コンサル)に依頼不動産仲介業は、”情報産業”最近のユーザー動向どこにも、何ににも依存しない”自立したホームページを”大手や不況に絶対負けない、不動産ホームページ運用方法

不動産ホームページの重要性

不動産を購入や賃貸する際、スマホやタブレットでググって上位表示(広告)のポータルサイトに誘導されサイトを訪れたり、不動産業者のホームページで情報を得ます。
たいていのユーザーはそのような物件探しのスタイルになりました。
ネット上で物件の内覧をしてみたいと思ってもらえて、はじめて反響につながります。
また、取引する(予定も含め)不動産会社情報も重要です。
同じ物件で多数の会社が扱っていたら、自分との相性を考えます。
会社のホームページが無ければ、立派な社屋に事務所があってもネット上では実在しない(!)ことになってしまいます。
様々なユーザー動向はあるものの、不動産ホームページは必須です。


レインズの一般公開”と不動産統合サイト

レインズは公開するしないで、一時期議論が巻き上がりました。
結局、業界協会の大反対で現状維持で留まっています。
売主や専任の会社と直結してしまったら、仲介会社にとっては死活問題になりますからね。
また、不動産の業務遂行する際に、売主・買主それぞれの立場に寄り添うエージェント(自身の立場に立ってくれる専門家)が必要です。
重要な交渉やトラブルが生じたときに自分側のエージェントとして動いてくれますので、やはり仲介会社の役割はとても重要です。


レインズはビッグデータ

宅建業者によるレインズへの物件登録は、
不動産会社が売却を依頼され、専任(専属)媒介契約を結んだ場合、レインズに登録義務がありのは周知のとおり。一業者に依頼しても多くの業者に売り物件情報が共有されます。
買い手を見つけやすくするのが目的ですから、売却する方にとっては有益な仕組みです。
また契約においても、安心安全な取引が期待できます。全国の不動産業者が登録する強大な情報データベースです。
日本国内の不動産物件の大半はこのデータベースに登録されていますので、レインズはある意味ビッグデータです。


知らない間にレインズは公開されていた!

不動産業者における物件登録の仕組み
売却を依頼された不動産業者は、物件調査をしてその詳細を一定期間に登録しなければなりません。レインズに登録した際にそのデータが、不動産業者の大多数が加入する不動産流通業界4団体のサイトを統合した物件検索サイト「不動産ジャパン」(http://www.fudousan.or.jp/)にも登録されます。
不動産ジャパンは、全国の不動産流通業者約13万社のほぼ100%が加入する業界団体。(公財)不動産流通推進センターが運営しています。
この仕組みがユーザーへの告知が進んでいないため、あまり知られていません。
本来、ユーザーにとってはあちこちのページを探して検索する手間が省けるから、朗報なんです。
物件の取引態様は売主・専属・専任媒介が多いのはレインズからダイレクトで登録されたものが大半ですから当たり前。
また、全日の「ラビーネット」https://rabbynet.zennichi.or.jp、全宅の「ハトマークネット」https://www.hatomarksite.com/ もレインズと連動しています。
という事は、、、レインズの公開はされないはずなのに、不動産ジャパン・ラビーネット・ハトマークネットとネーミングを変え、一般公開されたと言っても”過言”ではありません。
一時問題になった大手不動産会社の物件抱え込みに対抗してのサイトという側面もあるかもしれません。
不動産ジャパンやレインズ連動サイトの役割はまだまだこれからだと期待します。


ユーザーの大半は不動産ポータルサイトで検索!

今の時代、貴重な情報はお金になります。この情報をビジネスにする大手不動産広告会社が存在します。
民間不動産データーベース業者3社(リクルート、アットホーム、ライフル)は、官庁主導業会追従型のサイト(不動産ジャパン・業界ネット)に対抗して、不動産情報サイト事業者連絡協議会を結成し、広告会社ならではのクオリテシの高い不動産物件情報サイト(不動産ポータルサイト)を構築しています。
もう一つの流れは、フランチャイズを展開するサイト(センチュリー21、misawaMRD)
さらに大手不動産会社も独自の検索システムを構築し、しのぎを削っています。
物件情報公開サイトはここ数年間で、官庁主導業会追従型と民間型、フランチャイズ型、大手不動産型の4つに集約されました。
各サイトがお互いに競争するのはユーザーにとっては良いことですが、業者にとっての影響は絶大なものがあると思います。
勝ち馬に乗っていないとならないわけですから。
インターネット不動産検索サイト戦国時代を迎え、やがて淘汰され始めることになって来る事は間違いありません。


不動産は信頼出来るバイヤーズエージェント(不動産コンサル)に依頼

ここからは近い未来の不動産取引における仲介業務のあり方ですが、エージェント(買主専属代理人)制へと進むことを期待します。 バイヤーズエージェント(買主専属代理人)制は、高い不動産仲介手数料を下げることにもつながります。 バイヤーズエージェント(買主専属代理人)は、顧客に対して以下のような義務を負っています。  ○顧客の求めに最もマッチした購入可能な物件を紹介する。  ○正当な価格であることの市場分析を顧客に提供する。  ○物件自体と物件周辺の環境調査を行ない、問題がないかどうかを調べる。 通常の仲介業務となんら変わりませんが、業者における営業マンの質や高い専門性が求められる事になります。宅建も士業になりましたので、買主に寄り添い安心取引を完結する義務が生じます。 これからは、ポータルや不動産ジャパン等で心置きなく物件を吟味し、物件についての調査や、内見、交渉等、バイヤーズエージェントに申し付け、物件選定から契約・引渡しまで、バイヤーズエージェントが様々な動きをし、不動産を購入される買主の利益のために働き、そして手数料も状況に応じて数万円や数十万円なんて事も。 これは、買主にとっては大きいメリットです。


不動産仲介業は、「情報業」

単なる会社案内や若干の物件情報だけでは、反響に結びつきません。
競合他社が増え、圧倒的にポータルサイトが検索結果上位に表示されます。
絶対の差別化が必要になりました。
ホームページにアクセスしていただいたユーザーは間違いなく物件を探している人ですので、店頭の物件情報を見ている人に匹敵します。
一度でもホームページを見ていただけるのなら、必要な情報が掲載された魅力的なホームページである必要があります。
質・量としては大手やポータルにかないませんので、地域密着型・専門型等で差別化、御社ならではのユーザーに必要な情報満載のホームページ作りが必要です。
自社のホームページがユーザーにとって「地域の物件情報や知りたい情報が豊富だ」「常に最新情報だ」と認識されれば、そのホームページはやがて問い合わせにつながります。


ちょっと気になる最近のユーザー動向

googleやYahoo等の検索エンジンの上位を圧巻しているのは、ほとんど大手業者かポータルサイトです。そこで物件を検索して問い合わせるはずが、、、
最近のユーザー動向で、「物件はポータルで探し、問い合わせと案内は地元の業者に!」という動向を目にします。家電量販店で現物を見て結局ネットで買うという不動産版です。
ユーザーは、地域のローカル情報を欲している側面もあります。
地元業者ならではの情報を発信し顧客をつかみたいものです。


どこにも、何ににも依存しない”自立したホームページを”

インターネット上の集客と反響の入る構造・仕組みを、ユーザー→不動産ポータルサイトはなく、自社ホームページ→問い合わせ、への転換が必要です。反響はしっかり自社サイトからもとり、不動産ポータルサイトは必要に応じて広告手段として利用したいものです。本末転倒していると、不動産ポータルサイトのために存在しているという事に...。


大手や不況に絶対負けない、勝利のホームページ運用を

これからは業務へのIT導入やコンサルティング能力の向上を怠ると、完全に淘汰されてしまいます。
一部の先進的業者は、IT活用やコンサルティング能力の向上に早い時期から取り組んでいます。
今からでも遅くはありません。備えるべき事は、ITスキルの高い専門業務ネットワークを活用し、従業員(中小企業の場合、特に責任者)のPCスキルアップと、当然ながら不動産コンサルタント業務等の強化を図るべきです。
買主(借主)の方がインターネットや物件、銀行金利や住宅ローンの事も良く知っている、、、じゃ笑い話にはなりません。

●この機会に是非、反響のある魅力的なWeb構築で、ホームページ戦略を検討し広告宣伝費等のコストダウンと、現在ホームページをお持ちなら、グレードアップを実現して、どこにも依存しない自立した未来志向のホームページに変革してください。
リアルウェブネットは業務支援も含め御社に発展と商売繁盛をいつでも祈っています。


何でもお問い合わせください

●この機会に是非、反響のある魅力的なWeb構築で、ホームページ戦略を検討し広告宣伝費等のコストダウンと、現在ホームページをお持ちなら、グレードアップを実現して、どこにも依存しない自立した未来志向のホームページに変革してください。

TEL. 042-788-2301
お問い合わせ お問い合わせフォーム
リアルウェブネット