自社らしく表示をする

不動産ホームページの大半は、反響をとる大事な物件情報をポータルサイトに依存しています

ポータルの圧倒的な広告量で、せっかく自社のウェブサイトがあってもなかなか存在意義がありません。名刺代わりのホームページになってしまっています。 本来なら自社ホームページから反響をとりたいところですが、物件掲載に手間がかかるので、ポータルサイトに依存し自社ホームページが機能していないのが実情ではないでしょうか。

ポータルサイト利用は費用も安くなく、諸事情でポータルサイト利用を停止したときには、魂が抜かれたように反響ゼロになってしまいます。
幹と枝葉の関係からすると、あくまで自社ホームページは幹のはず。いつの間にかポータルが“幹”になってしまい本末転倒していませんか。
本来、反響は自社ホームページからとるのがベストです。

媒介契約(専任)をしたら必ず登録義務があるので不動産(媒介)物件は、ほぼレインズに登録されています。
近年、不動産は情報業ですから、いかにレインズデータを有効活用し独自のサービスを提供しながら物件紹介するか。それが仲介業の“肝”だと思います。 自社の専任物件だけでは顧客のニーズに100%応えられるハズもなく、レインズ登録の物件を確認して紹介する事になります。 面倒な物件登録が楽に行え自社でホームページが管理できたら、それに超したことはありません。 少しの手間で登録(インポート)した物件は、物件の詳細がSEO対策がされていますので、きっと反響につながります。 また、自社のオープンハウスなどもスピーディなSEO対策で反響につながりやすくなります。

物件アップローダーで物件登録するとTopPageにヘッドラインが自動的に作られ、ユーザーの欲しい最新物件情報をアピールできます。また、自社ドメインの中で運用していますのでウェブサイトの深みができます。本当のメンテナンスフリーは、SEO自動化に伴った自社ホームページが日々深化していくことです。

この機会に是非自社ホームページのアップグレードをはかりませんか!

コメントを残す